大阪市の就業規則作成や助成金申請は社労士のベストパートナーズ!
HOME>助成金について

| 助成金について |

新規雇用の為の助成金
特定就職難者雇用開発助成金 

60歳以上の者、身体・知的・精神障害者、母子家庭の母等の求職者を雇い入れたとき

試行雇用奨励金

公共職業安定所の紹介により対象となる労働者を原則3ヶ月間試行的に雇用(「トライアル雇用」といいます)したとき

雇用支援制度導入奨励金

トライアル雇用により雇用した者について、試行雇用奨励金支給対象となりさらに常用雇用へ移行し、次のいずれかの雇用環境の改善措置をおこなったこと

<雇用環境改善措置の項目>

  1. 同事業所に雇用されている他の常用雇用労働者と比較して30分以上の時差出勤を導入したこと(母子家庭の母等、障害者に限る)
  2. 試行雇用労働者の定着を図るため、指導責任者を任命し、常用雇用後も3ヶ月以上継続して 指導、援助を実施したこと
  3. 教育訓練制度、実習制度等を整備したこと
  4. その他、就業規則、労働協約等の改正を実施し、雇用環境の改善を行ったこと
  5. 障害者の場合は1~4までの他、以下のいずれかの措置を実施したこと
    • 在宅勤務制度を導入したこと
    • 必要な通勤時間の確保を行ったこと
    • 事業所のバリアフリー化等の設備の改善を行ったこと
    • 障害者のためのカウンセラー等を設置したこと
問い合わせ