大阪市の就業規則作成や助成金申請は社労士のベストパートナーズ!
HOME>労務トラブル事例

労務トラブル事例

労務トラブル事例

  • 試用期間中の社員がいる。仕事の覚えが悪いのでやめてもらいたいのだが。
  • 採用後、業務に関わる持病を抱えていることが判明した者がいる。健康状態は良好と言っていたのに。
  • 採用後、職歴にウソがあることが判明した。
  • プライバシーや個人情報を理由に家族状況などの情報提供を拒む者がいる。
  • 親の介護を理由に転勤を拒まれた。
  • 子会社への転籍を命じたら、それは解雇だと言われた。
  • 休職命令を無視して出勤してくる社員がいる。本人は治ったというのだが。
  • 自分で退職届を出しておきながら、後になって「あれは解雇だ」と騒ぐ社員がいる。
  • 年休を全部使ってやめます、と言ったきり出社してこない。
  • 勤務成績不良を理由に解雇したら、「納得できない」として裁判も辞さないようす。
  • 遅刻の常習犯がいる。このままでは他の社員に悪影響が出かねない。
  • 仕事中に、私用でメールやインターネットをしている社員がいる。
  • 退職した社員が無断で顧客名簿をコピーしていたようだ。
  • 管理職が部下数人を引き連れて同業他社に転職した。
  • 当日になって年休を申し出る者がいる。急に言われても困るのだが。
  • 退職した社員から年休の買い上げを請求された。
  • 「パートには有休はない」と説明したら、そんなはずはないと食い下がられた。
  • 夏休みに年休を充ててもらいたいのだが、一部の従業員が納得していない。
  • 退職した社員から在職中の残業代を2年分まとめて請求された。
  • 年俸制の社員から残業代を請求された。年俸制には残業代は不要と聞いたのだが。
  • 成果主義賃金制度を導入したいのだが、一部高齢の社員が納得しない。
  • 遅刻時間の給与カットをしたら、「自分は月給なのでそれはおかしい」とクレームが来た。
  • 退職した社員から退職金の請求があった。当社には退職金制度はないのだが。
  • 健康診断で要治療の結果が出た社員がいる。本人は休みたくないと言っているのだが。
  • 「パートは労災保険は使えない」と説明したら、そんなはずはないと食い下がられた。

問い合わせ